広報ネタ用ブログ

大学関連ニュースをひたすらクリッピングするスタイルをやめ、広報ネタ帳的なブログへ変更しました。タイトルも「大学職員のためのニュースクリップブログ」→「広報ネタブログ」へ。更新頻度は1週間に1回程度かな・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

奨学金について 

主な奨学金制度は4種類あります。
1.日本学生支援機構
2.大学独自のもの
3.地方自治体によるもの
4.民間奨学団体によるもの


日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/
この機構の奨学金は、貸与式をとっていて、2種類の奨学金があります。ひとつは無利子の「第1種奨学金」でもう一方は、卒業後年3.0%を上限とした利息付(大学在学中は無利息)の「第2種奨学金(きぼう21プラン)」です。申し込みは大学を通じて行い、募集は原則として毎年春に行われます。この奨学金では入学前の費用をカバーできないので注意が必要です。

Ci070803021259.jpg


Ci070802000230.jpg

また、学位取得を目的として、海外の大学・大学院への進学する場合、国内在学中に、海外の大学・短期大学及び大学院への短期留学を希望する人に対しての奨学金制度もあります。


大学独自の奨学金
 この奨学金は私立大学に多く、特に早稲田大学は奨学制度が充実していると言われています。国立大学も少数ではありますが、奨学制度を持つ大学もあります。大学独自の奨学金なので大学によっていろいろということなのですが、共通して見受けられる点は奨学金の給付・貸与機関が1年間という点です。1年後に成績が優秀であれば次年度も延長しているようです。


地方自治体の奨学金
 本人の出身地や在住地、または保護者の在住地が条件となっていることが多く、都道府県によるもの、市町村によるものがあります。この奨学金は貸与式となっており募集人員も若干名、月額も1万円~5万円と小額となっています。


民間奨学制団体によるもの
あしなが育英会 http://www.ashinaga.org/index.htm
高校、大学、専門学校などに進学を希望している、経済的に苦しい遺児に奨学金を貸し出して支援しています。

新聞奨学生(しんぶんしょうがくせい)http://bzl.s58.xrea.com/index.htm
新聞社の奨学金制度。学費の一部もしくは全部を新聞社が肩代わりする代わりに、
学生が在学中に新聞配達を続けるものである。多くは、大学近辺の新聞販売店に斡旋される。

フルブライト奨学金 http://www.fulbright.jp/grant/index.html
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
高等教育関係書籍
大学職員お薦めブログ


「大学プロデューサーズ・ノート」
     (早稲田塾)


大学プロデューサーズ・ノート



大学職員.net -Blog-News-


大学を考える



大学、改革してみませんか


 
これでも大学職員のブログ
-情報センター勤務中-


大学塾


大学サラリーマン日記



Clear Consideration


大学教育関連ブログ
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


統計情報、出版物【文部科学省】

統計情報


文部科学広報



文部科学白書



その他出版物

大学教員・研究者・論文 情報

GOOD PROFESSOR


ReaD研究開発支援総合ディレクトリ


CiNii (NII論文情報ナビゲータ)


(爆笑問題のニッポンの教養)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。