広報ネタ用ブログ

大学関連ニュースをひたすらクリッピングするスタイルをやめ、広報ネタ帳的なブログへ変更しました。タイトルも「大学職員のためのニュースクリップブログ」→「広報ネタブログ」へ。更新頻度は1週間に1回程度かな・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大学の教員組織の整備(准教授,助教の新設など) 

 これからの知識基盤社会において,我が国の大学が国際的な競争力を持って発展していく上で,若手教員がその能力や資質を十分に発揮し活躍することのできるような環境が整備されることは極めて重要なことです。

 しかし,大学教員を志す若手研究者にとって,大学におけるキャリアパスの第1段階である「助手」のポストについては,「名称を見直すべき」,「職務内容が分野によってさまざまである」,「期待される役割も多岐にわたる」などの指摘がなされており,そのあいまいな位置付けの改善が望まれてきました。

 今回の学校教育法の改正により,現在の「教授,助教授,助手」という大学教員の職制が,平成19年4月から「教授,准教授,助教,助手」に変わります。

 新たに設けられる「助教」という職は,現在の助手のうち主として教育研究を行う者のために設けられる職です。学校教育法上,その職務内容は「学生を教授し,その研究を指導し,又は研究に従事する」と規定されており,若手研究者が自ら教育研究を行うことのできる第1段階の大学教員の職として明確に位置付けられています。

 また,これまで学校教育法上「教授を助ける」ことが職務内容として規定されていた「助教授」を廃止し,自ら教育研究を行うことを職務内容とする「准教授」という職が新たに設けられます。
 この制度改正により,大学教員を志す若手研究者のキャリアパスが明確になり,若手教員が柔軟な発想を生かした教育研究活動を展開しながら,自らの資質能力を向上させていく環境がより一層整備されることが期待されます。


20070726030614.jpg


【参考サイト】

●大学の教員組織の在り方について(文部科学省)

●【PDF】大学設置基準
  第3章:教員組織
  第4章:教員の資格
  
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
高等教育関係書籍
大学職員お薦めブログ


「大学プロデューサーズ・ノート」
     (早稲田塾)


大学プロデューサーズ・ノート



大学職員.net -Blog-News-


大学を考える



大学、改革してみませんか


 
これでも大学職員のブログ
-情報センター勤務中-


大学塾


大学サラリーマン日記



Clear Consideration


大学教育関連ブログ
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


統計情報、出版物【文部科学省】

統計情報


文部科学広報



文部科学白書



その他出版物

大学教員・研究者・論文 情報

GOOD PROFESSOR


ReaD研究開発支援総合ディレクトリ


CiNii (NII論文情報ナビゲータ)


(爆笑問題のニッポンの教養)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。