広報ネタ用ブログ

大学関連ニュースをひたすらクリッピングするスタイルをやめ、広報ネタ帳的なブログへ変更しました。タイトルも「大学職員のためのニュースクリップブログ」→「広報ネタブログ」へ。更新頻度は1週間に1回程度かな・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大学の「格付け」取得について 

2003年2月に法政大学が日本で初めて学校法人として格付けを取得して以来、大学を運営する学校法人が次々と格付けを取得するようになっています。


格付けとは
格付けとは、債務を受けたときに予定通り返済できるかどうかを記号で表したものです。企業などに以来を受けた格付け調査機関が、その企業の経営状態を調べ評価します。

格付けのメリットは(評価が高い場合)
① 債権を発行して更に投資を受けることが可能となる。
② 金融機関からの借り入れが有利となる。
③ 経営安定のアピール
④ 第三者からの評価を世にさらすということで開かれた大学であるというプラスイメージ

なぜ格付けを取得する大学が増えているのか。
 大学の債務返済能力を表すこの格付けは、本来金融機関や金融市場から資金を調達する際に利用されますが、実際には、この格付けを外部へのアピールや学内の改革推進に利用していることが多いようです。
大学への合格率・進学率が上昇し、大学が一般的な存在になっていることや、社会人教育、産学連携や大学発ベンチャー、国際交流の活発化等々、大学(学校法人)に係わるステークホルダーとそのニーズが増加・多様化していることからもわかるように、経営の安定と共に、様々なステークホルダーに対して定期的に自らの状態を開示し、理解を得ていくこが重要となってきています。逆に、こうした説明責任を果たさなければ、今後は社会から評価されなくなり、淘汰されるリスクが高まっていくことも考えられるため、この格付けが利用されていると考えられます。
   


  20070723061033.jpg




書きかけ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
高等教育関係書籍
大学職員お薦めブログ


「大学プロデューサーズ・ノート」
     (早稲田塾)


大学プロデューサーズ・ノート



大学職員.net -Blog-News-


大学を考える



大学、改革してみませんか


 
これでも大学職員のブログ
-情報センター勤務中-


大学塾


大学サラリーマン日記



Clear Consideration


大学教育関連ブログ
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


統計情報、出版物【文部科学省】

統計情報


文部科学広報



文部科学白書



その他出版物

大学教員・研究者・論文 情報

GOOD PROFESSOR


ReaD研究開発支援総合ディレクトリ


CiNii (NII論文情報ナビゲータ)


(爆笑問題のニッポンの教養)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。