広報ネタ用ブログ

大学関連ニュースをひたすらクリッピングするスタイルをやめ、広報ネタ帳的なブログへ変更しました。タイトルも「大学職員のためのニュースクリップブログ」→「広報ネタブログ」へ。更新頻度は1週間に1回程度かな・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 教員採用について まとめ途中 

文部科学省が毎年取りまとめている『教員採用等の改善に係る主な取組事例』の平成19年度版が同HPにて公開されています。
                  ↓

   ■平成20年度「教員採用等の改善に係る取組事例」のとりまとめについて
    (文部科学省 平成20年1月17日)
   



●教員就職率発表 教師になりやすい大学がある?
(アメーバニュース 2008年1月4日)


   ■平成19年3月卒業者の国立の教員養成大学・学部(教員養成課程)の就職状況について
  




(非常勤講師、派遣教員の採用増加傾向)


●退職教員ら数千人採用へ、08年度予算で非常勤講師

 大量退職が始まった団塊世代のベテラン教員の経験を教育現場に生かせる上、正規採用よりも人件費が少ないため財政負担も軽くなり、メリットが大きいと判断した。

 非常勤講師は、定年退職した元教員や、社会の様々な分野で活躍してきた人などを採用する方針で、学校で実際に授業を受け持ってもらう。勤務形態などは今後詰める。

 (読売新聞 2007年12月15日)



●『ハケン先生』浸透中 人件費抑制や受験対策

 人材派遣会社からの派遣教員が、教育現場に浸透しつつある。少子化で学校間競争が激化する中、学校側には人件費の抑制とともに、予備校出身講師による受験対策授業など特色を出すねらいも。今のところ私立高校が中心だが、公立学校にも広がる兆しがある。

(東京新聞 2007年8月24日)




(採用試験一次試験免除、優先採用?)

●優秀な学生「青田買い」

 京都府教委によると、学生向けの教員養成講座は全国の自治体で増えているが、1次試験免除の特典を設けるのは初めてという。京都市教委は2006年度から「京都教師塾」を始め、本年度は606人が入塾した。勤務希望地に関係なく、小中学校の教師を目指す学生や社会人に実践的な指導力を養う講座で市の教員採用試験での優遇はない。

(京都新聞 2008年2月8日)




教員採用試験において大学推薦制を取り入れる自治体が増えているようです。
これまで東京都、神奈川、愛知県、京都府も導入しているようです。


●大学推薦制を導入 小学校教員採用試験 今夏から、県教委

 大学推薦制度は、小学校の教員免許が取得できる全国百程度の大学に推薦を依頼し、各大学一人の一次試験(筆記試験、集団面接)を免除する。

 そのほか導入される特別選考枠は▽県内公立学校で最近三年間に十二カ月の臨時教員経験(小中高、養護学校)▽青年海外協力隊員として二年間の国際貢献活動経験(同)▽音楽、運動、英語で優秀な技能・実績(小)▽家庭科希望者のうち調理師免許所有(高)―の四つ。

(WEB埼玉  2008年1月25日)




           ●教員採用の現場(2)優秀学生 大学お墨付き 
                   (読売新聞 教育ルネサンス 2006年7月26日)


●「教職大学院」修了者を優先採用 東京都、教育再生で
(産経ニュース 2008.1.30)

教職大学院修了者の採用方針については以前から議論されていたようです。

●【PDF】教育委員会・学校法人アンケート 
 (内閣府資料 2006年11月27日)

   ↑ 【一部抜粋】

■教職大学院修了者の採用・処遇の方針

• 教職大学院の修了者の採用方針を都道府県教育委員会に尋ねたところ、「現時点ではわからない」が68.1%(32県)と最も多い。「大学院修了という資格には変わりがなく、教員としての適性が一律に高いという保証はないため採用試験等は一般大学院修了者と同等にしたい」は29.8%(14県)となっている。

• 教職大学院の修了者を採用する場合の給料等の処遇については、「現時点ではわからない」が70.2%(33県)、「大学院修了という資格には変わりがないので、処遇は一般大学院修了者と同等にする」が29.8%(14県)となっている。

• 教職大学院を設置予定の教員養成系大学・学部などから、教職大学院修了者の採用や処遇等の件で働きかけを既に受けているかどうか尋ねたところ、「受けている」という回答が17.0%(8県)である。受けている内容としては、「教職大学院修了者の優先的採用」が主たるものである。教職大学院を設置予定の教員養成系大学・学部などからの働きかけを受けている教育委員会の対応を尋ねたところ、「大学の意向を考慮する」が25.0%(2県)、「いちがいにいえない」が37.5%(3県)であった。







スポンサーサイト
[ 2008/02/10 22:40 ] ★保存用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
高等教育関係書籍
大学職員お薦めブログ


「大学プロデューサーズ・ノート」
     (早稲田塾)


大学プロデューサーズ・ノート



大学職員.net -Blog-News-


大学を考える



大学、改革してみませんか


 
これでも大学職員のブログ
-情報センター勤務中-


大学塾


大学サラリーマン日記



Clear Consideration


大学教育関連ブログ
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


統計情報、出版物【文部科学省】

統計情報


文部科学広報



文部科学白書



その他出版物

大学教員・研究者・論文 情報

GOOD PROFESSOR


ReaD研究開発支援総合ディレクトリ


CiNii (NII論文情報ナビゲータ)


(爆笑問題のニッポンの教養)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。