広報ネタ用ブログ

大学関連ニュースをひたすらクリッピングするスタイルをやめ、広報ネタ帳的なブログへ変更しました。タイトルも「大学職員のためのニュースクリップブログ」→「広報ネタブログ」へ。更新頻度は1週間に1回程度かな・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★ 就業体験5万人を突破 06年度、大学全体の66%実施 

文部科学省は2006年度の大学・短期大学・高等専門学校におけるインターンシップの実施状況の調査結果を発表したようです。

 調査によると、資格取得目的のケースを除き、06年度に就業体験を実施したのは大学で全体の66%、短大は前年度から5校増えて162校(全体の41%)で、高等専門学校が前年度と同じ60校(同98%)。大学と短大、高専の体験学生は計6万3086人。

 実施学年は大学で3年(71%)、短大で1年(75%)、高専で4年(87%)が最多。時期は大学、短大、高専のいずれも夏休みや春休みが多く、期間は1週間以上2週間未満が半分程度を占めた。

(中日新聞 2007年11月20日)



●大学等における平成18年度インターンシップ実施状況調査について


●8割の大学3年生が「インターンシップは就職活動の入り口」と考える

 マクロミルは6月11日、大学3年生を対象に、企業で一定期間就業体験できるインターンシップ制度についてアンケート調査した結果を発表した。それによると、インターンシップの認知度は97%。これらの学生の78.9%は「インターンシップは就職活動の入り口」と考えている。

(日経BPネット 2007年6月12日)



●「授業丸投げ」許しません 文科省が大学設置基準改正

 ボランティア活動や企業などでの就業体験(インターンシップ)を授業科目として取り入れる大学が増える中、文部科学省は18日までに、大学が活動内容に関与せず、派遣先に学生を“丸投げ”することのないよう、授業科目開設のルールを厳格化することを決めた。

(北海道新聞 2007年7月18日)




●大久保幸夫さんに聞く…早期体験 実力チェックインターンシップの充実には、大学の果たす役割が大きいと訴える。

 「どういう形で事前教育をし、実習でどういうことを身につけてもらい、企業側には何を期待し、事後教育をどうするか。インターンシップを活用した教育体系がきちんと設計されていない大学が多い」と手厳しい。
 「受け入れる側には、まだまだインターンシップのノウハウが蓄積されていない。大学側からの期待がきちんと伝わらなければ、たまたま学生を担当する従業員に丸投げになりやすい」とも指摘する。
 また、大学院生のインターンシップのあり方もしっかり考える必要があるという。一般的に院生の就職率が悪い、ということに加え、学部から進学すると、実社会とどうつながっているかを意識しないまま研究活動をしている場合が多いからだ。「自分の目で見て、体験することで、大学院教育も充実する」と確信している。

(読売新聞 2006年9月9日)



スポンサーサイト
[ 2007/11/21 00:01 ] ★保存用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
高等教育関係書籍
大学職員お薦めブログ


「大学プロデューサーズ・ノート」
     (早稲田塾)


大学プロデューサーズ・ノート



大学職員.net -Blog-News-


大学を考える



大学、改革してみませんか


 
これでも大学職員のブログ
-情報センター勤務中-


大学塾


大学サラリーマン日記



Clear Consideration


大学教育関連ブログ
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


統計情報、出版物【文部科学省】

統計情報


文部科学広報



文部科学白書



その他出版物

大学教員・研究者・論文 情報

GOOD PROFESSOR


ReaD研究開発支援総合ディレクトリ


CiNii (NII論文情報ナビゲータ)


(爆笑問題のニッポンの教養)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。